花言葉は不用意

不用意に作られた不用意なブログ

再び行こうかね

2010-05-31 Mon 05:08:08

週末はここぞとばかりに鬼門クエ
原則野良で天海突破を目指して
前回は頓挫しましたが
やっと合戦が空いたので今のうちにリベンジしなくては

というわけで弁慶駒王とかやっていたら
まさかの負け終わりとかを喫して
ぐだぐだな感じになりつつも
ようやっと併せ呑みも達成

天海をどうするかは青写真はあるけども
今のところ特に何も決めていない感じ
集まり次第なところが大きいからなぁ

今だと天海突破は比較的容易になってきているし
それほど大変じゃないところも多いでしょうが
基本野良徒党でも達成できますよと
証明しておきたいところでもあります

五色・生死と手伝ってくれた方々には本当に感謝
結構集めるのがしんどくて困っていたところに
対話がやってくると嬉しいもんなので
とてもとても感謝しております

最初からいる人は長く拘束しちゃうんで
とても悪い気がしてならないんですが
それでも対話してくれる人はありがたい存在です

鬼門・松島の攻略具合は
次回アップデートの進行には関わらないと
判明しておりますがそれでもやっておきたいところだしなぁ

とりあえず松島への道を作りたいところです

ヘビーな肥前土産箱

2010-05-28 Fri 02:06:30

東西前夜祭として開催されている
肥前土産箱配布祭り
某腕力様は箱はおろか
領国銀にすら興味を示さないので
いつもと変わらぬ日常を送っているようですが
里へいくと時間帯のせいなのか
いつでも混雑しておりまして
わーわーという効果音がうるさくてなりません

そんな肥前土産箱ですが
2垢8キャラで全ゲット目指して動いていると
毎日ぱかぱか箱を開けていると
袋の負担が大きくなりそうなので
今のところ箱のまま保持している段階です

一門の中には青金剛石が出たとか
領国銀100枚ゲットしたとか
割と景気のいい話が聞こえていますが
私設では全部戦勝札だったとか
リアルラックの差が激しくなっているようです

リアルラックを測定する方法は
ありそうな気がしますけども
推測の域を出ないし自分で検証するつもりもないので
一喜一憂すればいいと思いますが
なるべくいいタイミングで全部開けて
うまい具合に高笑いしてやりたいと企んでいます

そうやって箱をせっせとため込んでいるんですが
3日目にしてちょっと困った事態になってきました
全15日ですべて箱をゲットしますと
45個の箱をゲットすることになるはずですが
うっかりしていたら危険な気配がするのが重量です




合戦終わって複数種類の装備から
単一装備に手持ちを変えたにもかかわらず
重量がきっついなぁと思っていたら
この箱重量が1個10.0もありやがる

45個ぜんぶ取ったら重量450は
腕力職ならまだしも
後衛職だと持てない可能性すらある

倉庫につっこめばいい話ではありますが
一度倉庫につっこむと結構な確立で
探すのが困難になったりするので
ちょっと面倒くさい

さらに今時期は倉庫の初期カーソル位置(?)が
しっかり保存されておらず意味不明なところに
セットされてしまっているので非常にやっかい

従来イベント系アイテムは重量0.1だと思いこんでいたので
今回の箱の重量にはちょっと気づくのが遅れた
実際に誓紙の方は重量0.1だしね

途中で開けちゃいたい誘惑にとらわれながら
なんとかかんとか重量との戦いを制したいところです

合戦ゲリラのエトセトラ

2010-05-26 Wed 17:43:30

合戦参加者にとっては今更感がありますが
新星を機に合戦参加しようと思う人にとっては
少しハードルが高いかもしれない合戦ゲリラ

中級クエ上がりくらいでも
ほどほどの装備類が整っていれば問題はないけど
今更詳しく説明するほどでもないということで
なんとなくやっている人もいるだろうし
敬遠しちゃっている人もいるんじゃないだろうか

世間一般の認識と私個人の認識は
恐らくだいぶ違っておりますが
とにかく参加して微調整していけば
いいんじゃないかと思っております

■常に先頭を取る勢いで挑む
一般的には防御術極意を持つ職が
基点となることが一般的ですし
基点は防御術極意を入れているものですが
絶対不可欠かというとそうでもない

先陣くらいならそれほど痛くもないので
ほぼ全職基点は可能です
特に人数の少ない場合は誰もつかないで
お見合いしちゃうこともあるので
さっさと取り付いてしまった方がいい場合もあります
後続職とのかねあいでなんとかなる場合も多く
取り付かないが故に全滅なんてこともあるので
あんまり遠慮しすぎるのはよろしくない

■防御以外の選択肢
基点職は暗転中に救援要請を出して
初手は防御が一般的ですが
それ以外の選択肢も当然あります

私の場合だと忍法で取り付いたら
疾風怒濤から入りますし
隠れ身でもよいかと思います
陣形つきの2垢取り付きが多いですが
雅楽で取り付いたら大音響スタートです

相手の強さを見つつ行動選択をするには
ある程度の経験が必要になってきますが
油断しない程度に強気でもよいんじゃないかと思います

■実装の切り替え
どの職でもスタート時点では
基点可能な実装でスタートするものですが
既に取り付きが見えている場合は
実装を戻すことも可能です
救援用の実装を作っておくのもよいかもしれません
私は作ってないので信憑性に乏しいですが
例えば侍の場合なら助太刀一番を入れるとか
回復職なら全体強力回復を忍ばせるとか
不測の事態に対処できるようにしたいところです

■NPCの回避
先頭を走っている場合や
現地での救援要請なんかを受けて行くときは
敵のNPCを避けつつ取り付くことになりますが
ただまっすぐ進むだけでは当然捕まりやすくなります
PS2だと敵NPCがよく見えないので苦労しますが
なるべく敵NPCとの距離をあけつつ抜けていくのが基本です
叱咤がついている場合は敵NPCの反応も敏感になりますが
距離があればある程度は突破可能です
どうしても距離が詰まってしまう場合には
なるべく敵NPCの歩いている方向と逆に
ルート取りをするように心がけましょう
ほとんど気休めですが敵の裏を取っていれば
反応されにくいですし反応されても
多少は突っ切れるような気がします

■主観と客観
一斉スタートする場合
客観視点でいると味方PCにぶつかって
引っかかりやすいので主観でスタートすることが多くなります
一直線のルートであればそのままでもかまわない場合もありますが
方向転換する場合などは主観だとうまくいかない場合もあるので
適宜切り替えることが必要になってきます
また馬に乗っている状態だと
主観視点だと近づきすぎると視界からはずれて
目的の敵をたたきそびれることもよくあるので
直前まで来たら客観に切り替えるのもよいでしょう

私は最近ログがでてるにも関わらず
叩き負けたりすることが多発しているので
かなり下手っぴぃです

■複垢の取り付き
私は2垢でだいたい取り付きますが
複垢での取り付きに嫌悪感を抱かれることがあるようです
何垢から嫌われるかはよくわかりませんが
人数がいっぱいいて足りているような感じであれば
自重してもいいと思います

■現地取り付き
合戦私設で特に告知がない場合でも
人数が多い状態だと現地にいる人だけで
十分人数が足りている場合もあって
現地組で取り付きが行われることもありますが
取り付く前に合戦私設へ一言伝えてから
取り付くようにしたほうが全体がスムーズに流れます
一刻を争うんだということがあるかもしれませんが
事後報告ばかりだと不慮の事態が起こったときに
救援がもらえない場合もあるし
転生が間に合わなくなる場合もあります
なにより合戦私設全体の空気が悪くなるので
宣言は非常に大切です

■結果報告
ゲリラでは基点が私設へ宣言を出しますが
基点報告と合流した人の報告をすることになります
合流してきた人は職や特化を宣言しないと
基点の人は報告しずらくなるので
なるべく素早くわかりやすく伝えてあげたいところです
基点の人は防御中であれば大丈夫ですが
防御以外の行動を取っていると結構忙しいので
気がついたら合流した人が私設への報告を代わってあげるのもよいでしょう

また撃破するタイミングを見ている場合もありますので
終わりそうな頃の告知も忘れずに行いましょう


既存の参加者にとっては
ほとんど当たり前のことですが
これから参加しようという人や
ゲリラの参加を躊躇していた人が
少しでも参加するようになって
合戦の楽しさをいくらか体感できればよいなぁ

気を遣う合戦

2010-05-24 Mon 12:16:15

元来10人前後くらいで50人オーバーを相手にしてきたので
どうも今の合戦は居心地が悪かったりしていますが
終了間際くらいになると似たような感じになっております

しかし圧倒的に違うのはまだまだ一体感が不足しているように思います
過去が美化されている部分はかなりありますが
当時は完全に負けていても少しでも戦果を稼ごうと
蟷螂の斧であっても振りかざしていたし
参加者みんなで一丸となっていたように思います

そこには仲間同士の強い絆があって
お互い遠慮無用で気兼ねなくやっておりました
そういう人しか残らなかったというのもありますが
それはそれでなかなかよいものでありました

今は戦果で上回るようになっておりますが
そのせいかそこまで戦果にこだわらないというか
あまり熱心にやるのは歓迎されないようです

当然熱心にやっている人もいるのですが
参加者を減らさないために非常にセンシティブな
進め方になってきているように感じます

奪還やらの落とす時間を調整するのはタブーであって
やりたい人がいたら無条件でやらせないと
もう来なくなってしまうという空気が流れています
参加人数は当然大切な要素ですし
なるべく多くの人が楽しめる合戦がベストですが
小さな違和感が日に日に大きくなっているのも事実

なんというかまだまだ一体感が足りない
寧ろ援軍さんの方が戦果などのために
頑張っている印象すら受ける

勝っている今だからこそ
戦果のためにどう動くべきなのかということを
全体として意識を共有しておかないと
厳しい合戦になったときに困っちゃいそうです

相手は戦果負けしているけども
最後まで怒濤の攻撃を仕掛けてきていて
終盤はかなり巻き返しているという状況で
見習うところが大きいようにも感じます

個人的には援軍さんには多大なフォローをすべきだとは思いますが
自国民には気を遣う必要がない状態になっていたいんですが
現状では自国民の方に気を遣わないといけない感じです
なんかそれって違うんじゃないだろうか……

自分が正しいと思ってはいますが
常に絶対だとは思いませんので
違っているところは違っているんですが
全体の向いている先がまだ統一されていない感じだし
お互いによそよそしいというか
本音をぶつけられる関係に育っていないのかな

そんな気持ちでくさくさとしていたんですが
こっそりひっそり徒党作って
一門sにサポ要請してさくっと本陣行こうとしたら
徒党作成段階から存在が味方にばれて
多大な支援なんかもらっちゃったりして
自分が味方に気を遣わせちゃったなぁと反省した次第

状況が変われば形も変えなくてはいけないように
自分自身も合戦に対する戦い方の
バリエーションを増やしていかないといかんなぁと
痛感いたしました

熱くなっても燃え尽きるな

2010-05-21 Fri 04:08:02

合戦三昧の日々ともなりますと
少々の無理をして頑張る人が出てきます
そういった人はとてもありがたいし
個人的にも好感が持てるところではあるんですが
無理をしすぎて燃え尽きてしまうのが心配どころです

過去少数での戦いを強いられてきた中で
非常に頑張ってきた人たちがおりましたが
頑張りすぎて燃え尽きてしまった人も多くいました
出来ること・やれること・やりたいこととか
まぁとにかく少数の場合はたくさんあるんですが
常に心にとめておいて欲しいのは
長く続けてくれることであったりします

歴戦の中でそういった事例を多く見過ぎてしまったので
頑張りすぎている人を見るといつも心配になってしまいます

正直今の戦況としては芳しくないので
みんなで頑張って行きたいところですが
継続できる頑張りを心がけて欲しいのです

燃えている人を見ていると
それが当然のように見えてしまって
気づいたときには燃え尽きているなんてこともありますので
無理しすぎないようにそれぞれの限界を見誤らない程度に
全力を尽くしていきたいところです