花言葉は不用意

不用意に作られた不用意なブログ

リベンジのチャンスに補欠だった上覧三日目

2010-02-28 Sun 04:21:46

今回の上覧徒党は中身8人で登録していて
全員集合するとひとり補欠になりますが
主要職を除いた人によるサイコロで決めています

そんなわけで補欠に回った試合
対戦相手は面汚しの面々




直接の因縁はないものの
個人的にはフルぼっこにされた記憶が蘇る相手
順位的に当たることはないと思っていたら
向こうは意外と試合数が稼げてないような感じで
遭遇してしまったようでした

結果は順当というか妥当というか
いろいろ翻弄されまくって崩しきれずに敗北
観戦に回っていると徒党の動きがよく見えるけども
やっぱり初日より断然に動きがよくなってるわ

この調子で精進を重ねて
次こそは相手を貫いてやりたい!

そんなこんなで試合を重ねつつ
今まで巫女で参戦していたところから
ちょっくらにんぽっぽを投入してみたり
ちょろちょろを手を変えつつ終了

初日の負け越しを取り戻せなかったけども
なんとか五分で最初の土曜日を終わらせました
負けたけど惜しいところまでいった試合もあったし
今後に期待が持てることは変わらない

上覧後は破壊神により
夜叉帯がこの徒党には必要だということで
夜叉ノックにでかけ12ノック目で倒しましたとさ
ノックですよノック

諦めなかったら勝機が見えた上覧二日目

2010-02-27 Sat 02:10:20

ひとりだけ遅刻した二日目
ログインしてみると戦闘時間33分経過で
まだ初戦をやっている状態だった
一進一退の攻防が繰り広げられていたようですが
見に行ったときくらいから
ちょうど優勢になってきたところだったらしく
今回の初勝利を獲得していました

今までの敗因は私だったようです

そんな貧乏神が加わった2戦目は
当然のように負けまして……

気を取り直して最終戦の3戦目
相手は2戦目と同じく赤い鯖だなぁと思っていたら
ろくもんじゃないほうの六紋銭徒党だった

上覧開始前になおとひかりを殺しに行くと宣言していたので
公約を果たすときが来たようです
軍学と陰陽2がいるの割と上覧ではポピュラーな徒党かつ
私たちが打ち崩せていない構成

音響を打ち合ったり全完が通ったり
すったもんだしたあげく
唯一の回復が落とされ盾も落とされ
非常に負けムードが漂う感じ
なんとか相手の武士は落としたものの
劣勢なことに変わりはなく……

勝機を見いだしたのは相手軍学の活殺からでした
そのとき雅楽(私)神典(怒りチャージ済)芸(仇討ちフル)暗だったところで
芸以外が活殺くらってしびびびびび
芸が殴った裏で音響して怒り放出して旗落とし
始めて音響を効果的に使えたと実感した瞬間でした

相手としたらとんだアンラッキーですが
瞬発力のある構成だとこれがあるから怖いと
自分たちが勝利しながらも痛感します

軍陰徒党の攻略とはいってないですが
とりあえず勝ちを拾えて本日勝ち越し
まだまだ練り込む余地はいっぱいありますが
初日より確実に動きはよくなってきているので
これからが楽しみになってきました

半分だけだけど公約も果たせて万々歳でございました

浮かれる暇もなく上覧開幕

2010-02-26 Fri 00:44:38

とうとう現鯖で参加できる最後の上覧が開幕
初回登録は人の集まりがまばらだったのでスルーして
2戦目スタート

対人慣れから始めていく徒党なので
初日の結果は納得というか予想通りで
しっかり叩きのめされてきました

愚直に攻めていく徒党スタイルなので
これから一つずつでも約束事を決めて行ければ
なんとか形になっていくのかなぁといった感想

ここのところずっと観戦ばかりでしたが
毎度参戦しているところは
やっぱり自分たちの戦い方が
ある程度固まっているし
それに向けて動いているのを実感する

自分たちもこれからそういうのを作っていけるように
精進を重ねて行かなくてはいけません
それまでに心が折れないように頑張らなくては……

なんと言っても自分の動きに一番迷いがあるというか
しっくりはまる動きが出来ていないのが悔しい
これをしたいあれをしたいというのが一杯あって
どうにも困ったものです……

党員に愛想を尽かされないようにしながら
残りも頑張って行かなくては……

凶変徒党で挑む上覧

2010-02-25 Thu 02:22:43

今回の上覧メンツはそのほとんどが
凶変物理徒党から作り出されています

個人的にはまったく気にしていないんですが
あんまり構成バレするのもあれなんで
少しだけぼかしながら徒党紹介

【旧怨霊・花鳥風月】メンバー
侍1:変態という名の紳士
今回上覧どうしようかね?と話を振ったところ
「上覧出ようぜ!」と力強く言ってくれたので
徒党を作る決意を固めた要因の人
私が作るカオスな徒党においていつでも付き合ってくれて
功名を見いだしてくれるナイスガイ
でも変態
口癖の「うおおおおおおおお」が今回どれほど
会場にこだまするか楽しみでならない

侍2:楽勝です
今回の徒党のエース
破天時に空2狩りで鬼のような破壊力を見せるも
争覇になって失踪
いつの間にか戻ってきていたけどTD三昧
凶変狩りに連れて行ったらそこから凶変の主になり
あっという間に65になっていて
恐ろしい破壊力を身につけていたおっかない人

鍛冶:ふふふ
レベルアップ寸前で上覧を迎えることになったらしい悲しい人
いつも無理矢理拉致っていたら
今では言葉を交わさないでも諦めて来てくれるいい人
大人しいと思いきや
虎視眈々とトドメを狙っていたりする抜け目ないところがあり
敵味方問わず脅威となる可能性も……

忍者1:瓦の達人
私設メンツのリアル親戚かなにかで(適当)
争覇になってやってきたニューカマー
最初はよそよそしいところもあったけど
今ではすっかり馴染んで生き生きと楽しんでいる
サービス初期からやってるメンツだからけの私設の中で
日々成長を重ねて施設内で65一番乗りを果たしていた
言えば言っただけ伸びていくので
あっという間に抜かれていました

忍者2:凶変狩りのお供
凶変狩りが主流になってからよく組むようになり
今では私が次にどこにいくかを完全に把握している
私が今よりもっと非力な頃からオーバースペックで
フォローしてくれたためなんとかやってこれたといって過言ではない
前触れもなく妙技祭に参加しようとしたときも
付き合ってくれるフットワークの軽さも併せ持つ

僧:元廃人
いろんな意味で元廃人
無印から飛龍時代にもっとも輝きを放っていて
とてもとても頼れる人だったのが
いつの間にかうっかりさんに様変わりしていた
シングルタスクなのでいろいろなことを言うと
どこかでリセットがかかって最初に戻る
いつかの上覧では課金が0時で切れ
戦闘中にいなくなった経歴を持つ歴戦の戦士

神職:腕力の子守歌
未だにキャラの全容が把握できない謎を残す
不幸の星の下に生まれており
龍造寺戦では死んで走っている間に
戦闘が終了していたりする悲しい人
腕力の信奉者でもあり力ずくの子守歌が得意技
でも誰も寝ない
ローリング回避の体得者だったりもするので
ある意味無敵

あと私

こんな感じの仲間たちで今回の上覧に挑みます!
人物紹介ってなんか難しいね……

凶変イザナミ宮スタックポイント

2010-02-24 Wed 02:55:20

上覧に向けて凶変狩りをちくちくやっていますが
出しているキャラはきっと上覧に出ません
そんな凶変狩りですがスタック(?)ポイントがあるようです

画像も動画も用意していない不用意っぷりなので
詳細を伝えるには不十分ですが
党員全員がその目で見ているので嘘じゃないよ!

場所は物理狩りで言うところの5匹目
坂を登ってちょっとしたくぼみに黄泉ネズミがいるところ

ネズミを釣って通路側まで引っ張ってきたのですが
ネズミが近づいてきても戦闘が始まらない
のろのろと近寄ってきてはいたんですが
ある瞬間で視界からネズミが消失!

足音も聞こえなくなってしまったので
みんなで「ネズミが消えた」と騒いでいたところ
勘のいい私は下に落ちたんじゃないかと予想
ちょうど真下は物理狩りの3匹目と4匹目のいるくぼみ
のぞきに行ってみると確かにネズミがいる

間違いなく3匹目と4匹目は倒した後だったので
上のネズミが落下してきたものと考えられます

その後同じような感じで釣ってみたものの
そうそう再現度は高くないようで
下に落ちることはありませんでした

もしどっかのポイントで下に落ちる穴が空いているとすると
今は懐かしというか知らない人も多いんじゃないだろうかと予想される
システムくんが凶変に設置される日が来るかもしれない