花言葉は不用意

不用意に作られた不用意なブログ

からくり桜子へご挨拶

2010-01-29 Fri 02:21:12

第2回目の宝箱アップグレード期間中なわけですが
今回は東西戦開催中なので妙院郷ではなく
堺へ出張してきているからくり桜子さん
多くのプレイヤーが常駐している堺ではありますが
本拠地に住んでる人からすると
赴くのが結構面倒くさい感じです

瓦を使った移動を考えるにしても
堺へ一番近い裏堺に出ちゃうと
外に出るのがおっくうな場合もあり
生産瓦で摂津が出るのがベストな感じなれど
いつ出てくるのかわからない上に
うっかり忘れる危険性もあるので
オススメしにくい

1キャラ2キャラ程度なら
堺へ行くのもなんてことはないですが
全キャラ持って行こうとすると
なかなかげんなりする場合もあります

しかしなぜに桜子さんは今回堺へ出張してきたか

妙院郷と東西で仕様している鯖が
どうやら同じらしいというのがわかります
東西戦は4会場で各陣営400人が上限なので
人数的マックスは3200人となります
そのまま当てはめると妙院郷の上限も
3200人となりますがあちらはインスタンスが10あるので
各インスタンスの上限は320人程度なんでしょうか

初期の信Onに使われていた鯖は確か
同時接続5000人までいけていたはずなんですが
余裕を持たせているのか
考え方が違うのか少々不明なところ

東西に人数限界まで人が来ると想定していないとかありそうですし
実際に川中島はフルってる時もありますが
それ以外の戦場はいつでも空きがありますしねぇ

でも2009年の東西戦は対抗戦のときは
混合戦が開催されなかったので
鯖の限界もあったのかなぁ……?

東西合戦と妙院郷を同時に開けない要素が謎ですが
ともかく1日1キャラずつでも堺参りにいかなくてはなりません

これだけもったいつけている宝箱ですが
中身がどうなるか少し疑問に感じられてきました
なんか修得の書とかそんな中身にも思えてきましたが
とりあえずアップグレードしておくことにします

東西後半戦開始

2010-01-28 Thu 02:15:43

東西も2週目に突入したものの
予想通り追加報酬もなかったようなので
参加者ががくっと減っている感じ

今週は武田側で参戦することにしましたが
川中島も人の空きがある状況
ほかの戦場は二桁人数くらいでした

とりあえず川中島に行ってみると
フルではないものの非常に多くの人がいて
とても活気があるようでした

まずはうどん回りでもしようと思ったけども
相手Pにばんばん叩かれる始末
タイマンなりペア対決なりを挑んでるというわけでもなく
死ぬときになって救援を出しているようだったので
うどん防衛なのかしらん

こちらが弱っていると即救援で
さっくり7人集まっているので
動きとしては防衛に近いなぁ

人がとにかく多いので対象を対人戦にして
適当に叩いてるだけの可能性もあるけど
とにかく対人がとても活発な様子

人数的には東軍の方が多そうな感じで
叩かれて即救援とかでも圧倒間に集まっていたりして
なかなか自由に動き回るのは難しい感じ

徒党組むか乱戦に参加するスタイルのがいいのかな?

乱戦は今回ちょっと興味がなかったし
がんがん叩かれるのはいつもの合戦で
十分味わっているのでほかの戦場へ移動することに

お互いに人数が少ない戦場なので
ふらふら自由に動き回れるようにはなりましたが
今度は逆にN狩りすら満足にできない様子
検索で見たところどうも徒党で活動しているようなので
自鯖なり川中島で徒党を作って
徒党単位でN狩りなり武将なりに行く感じみたいだ
ソロなり少数徒党でふらついてる人は
あんまりいないようですねぇ

残りの日数も限られていますが
のんびりやれる合戦はここくらいなもんなので
ふらふらしながら遊んでいこうと思います

東西半分終了

2010-01-27 Wed 02:20:56

東西うどん合戦も1週間が過ぎ
やっとこ半分終了した感じとなりました

最初はどたばたと混乱した様子でしたが
次第に各自好きなように動けるようになってきたんじゃないでしょうか
私がログインする時間帯だと
川中島は人数フルで入れないので
そっちの様子はわからないのですが
糸魚川などではうどんNの側でPに叩かれる事もなくなったし
武将ゲリラなんかして遊べるようになってきました

1週目は上杉側で参戦することが多かったので
2週目は武田側で参戦しようかと思います

武田も上杉もほとんど縁のない国なので
どっちの武将もとても新鮮な気持ちで戦えています
日曜には信玄を落とす事も出来ましたが
2週目に謙信を落とせるかというと
なかなかチャンスはなさそうな気がしています

今も頑張っている人たちの中には
恐らく追加報酬が来ると見込んで
ポイントを稼いでいる人もいるんじゃないかと思います

今回は追加報酬とかなさそうだなぁと
なんとなく予想しているのですが
追加の有無にかかわらず恐らく参戦し続けるでしょう
東西で配給される飯を頼りにして
食料を全部倉庫に放り込んでいるので
戦場にいないと餓死してしまう……

統合と国勢と

2010-01-26 Tue 03:08:02

鯖統合の詳細が発表されてからしばらく経ち
相互の鯖で交流がなされているようです

特に国勢周りは敏感な問題で
議長さんなどが行ったり来たりしているようです

それぞれで同盟勢力の違いや
敵対勢力への思いなんかが食い違っていると思いますが
今のところはとりあえず顔見せみたいな感じでしょうか

今後交流が深まるにつれて
統合後の同盟勢力選びや敵対勢力選び
もっと言うと連合勢力の組み合わせなどについても
議論されていくことになるんでしょう

こういった動きは素早ければ素早いほど
統合直後からアドバンテージが取れるので
精力的に動いている勢力もあるんでしょう

新章での拠点戦など新要素が追加されることもあり
実装されるまでどう動いていいかわかりにくいところですが
実装後すぐに動ける勢力とそうでない勢力では
大きな差がついてしまうことも考えられます

個人的には国勢からは離れた人間なので
特に口出しをすることはありませんが
各自よりよい方向を探りつつ新章を迎えて欲しいものです

電撃インタビューの裏

2010-01-25 Mon 12:34:58

【信On出陣録 番外編】実装迫る! 『新星の章』直撃インタビュー!!
掲載されておりますが
読んだ印象としてちょっとした違和感を感じます
というのはインタビューの文面から
事前になんらかの含みがあるように思えます

新章については発表会で概要は説明されましたが
伝えたいことと伝わったことに違いがあったのではないでしょうか
例えば私は一門実装とともに
鯖移動&統合が来ると感じていたように
誤解されてる部分があるようですしね

そういう事情もあったせいか
インタビューも新章のコンセプトの説明から入っています
インタビュアーのうどん氏は説明会の会場にもいましたので
聞きたいことというよりは
コーエー側が聞いて欲しいことを
あえて聞いているという印象を感じます

この記事の掲載日は1/22(金)ですが
1/21(木)に発表された鯖統合についても
事前に知っているという前提の質問になっています
通常インタビュー記事というのは
1:インタビューを行ってから
2:原稿に起こして
3:メーカーチェックを受けて
4:修正して掲載
という道筋を通ることになります

頑張れば当日中に原稿を起こすことは可能ですが
メーカーチェックがそれほど早く終わることはなく
インタビュー実施日が1/21(木)以前の可能性が高い

とすると事前に情報の提供がされていたと見るのが妥当で
その折りに何かしらの
“聞いて欲しい質問”が提示されたと考えられます

----------------------------
渡辺P:また、ワールド合併にあたって国勢も合併されるのですが
それは完全に引き継ぐことは難しいため
合併時に有利な国は何かしらの優位性を持たせる仕組みを想定しています。

うどん:今の国勢が決してムダにはならないわけですね!

渡辺P:もちろんです。新しい仕様の中で
今の優位性が必ずアドバンテージとして活かせるように
システムとして反映させる予定です。
なので、合併前だからと言って様子見をする必要はないですよ。

うどん:なるほど! じゃあ今やっている合戦も、合併後の国勢に影響するわけですね。
さっそく参戦してきます。では今日はお疲れ様でした!
----------------------------

この辺とか非常にそんな感じ
「今の合戦の意味がなくなるんでしょう?」みたいな風潮に対して
「そんなことはありませんよ」というのを明示したいがために
あえて聞いているような印象が強くなっています

2ページ目では一門についての質問となっておりますが
前半は新しい情報のないおさらい的な内容です
謎なのは一門試練の画面写真2枚目で
天翼竜を前にした写真が使われていることくらいでしょうか
(一門試練で戦うことになるのはカルラです)

新ダンジョン“独眼竜の野望”部分は
新しそうな情報に見えますが
結局よくわからないと言わざるを得ないのが残念

---------------------------
渡辺P:一門の大きな目玉としては、“独眼竜の野望”も大きな要素です。
これは戦国時代後期を舞台に
合戦場のようなフィールドに大人数で挑む進行型ダンジョンですね。

うどん:大人数で挑むというのは、2徒党の協力が不可欠だった
“高千穂”のような場所でしょうか?

渡辺P:イメージは近いのですが、高千穂のように厳密に“2徒党で、それぞれこう動け!”
というものはありません。もっと大人数に開かれた形で
その中では、場合によって1人で行動するケースもたくさん含まれています。

うどん:なるほど〜。この徒党はあいつ、そっちの徒党はそいつと戦うから
ソロの人たちはアレをやっててくれ、という感じですか。
アレとかソレとかばかりでアレですが。

渡辺P:イメージ的には、そうですね(笑)。
---------------------------

高千穂との違いを伝えたいようなのですけども
うどん氏の解説からすると
高千穂の風雷峠・壱との違いがわからない感じです

---------------------------
うどん:『信On』では、初のステージ制クエストとなっていますよね。
『新星の章』のサービス開始当初に実装されるのは、
新ダンジョンの第1ステージとのことですが、
今後はどのようなペースで展開されるのでしょう?
---------------------------

ステージ制クエストという文言を見るのは今回が初なのですが
以前にどこかでそういう記載があったのか覚えていません
“ステージ制クエスト”というのが何なのかも
ちょっと正確にわからないのですが
それこそ高千穂なんかはステージ制クエストなんじゃないんだろうか……?
この辺も言わされている感を強める部分になっています

3ページ目になりますと目録入手の話になります……が
新星の章での目録入手条件は発表会で
新ダンジョンでの入手ではないと明言されていましたが
今回“複数の入手手段”というだけで
結局よくわからない内容になっています

---------------------------
うどん:しかし、新目録は新ダンジョンでしか入手できないと
やはり大変じゃないでしょうか。“九州三国志”の場合だと
“特化伍”が欲しくて九州三国志に行きたくても
そもそも特化伍がないから徒党に誘われないという悲しいループが……。

渡辺P:確かに、そういう本末転倒な状況がありました。
そのため、今回は目録に関して複数の入手手段を考えています。
---------------------------
うどん氏の質問の前提として
“新目録は新ダンジョンで入手”というのが見え隠れしています
これまでそうだったという話なのだとすると
今回に関してはそうでないのであるから
質問の意味がないはずなんですが
何について聞いているのか不明になってしまっています

(参照:発表会での新技能入手についての説明
---------------------------
小林:生産の目録とかもそうなんですけど
九州の時みたいにまたダンジョンで目録を入手するっていう形になるんでしょうか?

渡辺:そうですね
今回の場合はダンジョンとリンクした形での技能の取得というのは考えていません。
というのもやはり、ダンジョンとリンクすると
ダンジョンの攻略が先か技能の修得が先かというジレンマがやはり発生してしまいますので
そういったゲームデザインはなるべく避けていきたいなと考えています。
---------------------------

発表会での上記発言を覆した可能性はありますけどね
このときは“考えていた”だけで
結局ダンジョンとリンクした入手方法も導入するのかもしれません
ひとまず過去の目録について
九州に出向いたりしなくてもよくなることで
復帰者とかには優しい感じになりそうだとわかります

---------------------------
うどん:なるほど〜。知人のソロ忍者が、
徒党を組まないとどうしても新目録を入手できないという理由で引退しちゃってたんです。
なので、これは本当にありがたい新要素ですね!

渡辺P:『新星の章』では
少数徒党やソロプレイヤーの方にも重点を当てるように考えています。
これは今まで薄かった部分ですし、そこは今回絶対に重点を置こうと。
みんなで遊ぶのはもちろん楽しいですが、長時間みんなで徒党を組むことは
やはり疲れることでもありますし(苦笑)。
そういうプレイが必須にならないようにしたいと思います。

うどん:ソロプレイが好きな人、意外に多いですよね。
オンラインゲームなのにぃ。
---------------------------

野望の王国読者であればちょっとニヤリとしそうな部分ですが
ソロについての話がやってきました
これについては個人的には微妙な感じがしていまして
あまりソロプレイを加速するのは信Onにとって
いいこととは言えないんじゃないかと思っています

オンラインゲームでソロプレイっていうのは
常に一定の需要があるものでして
ソロプレイするのが厳しい信Onでは
かねてからそういう指摘はありました

そのアンチテーゼとして後発の『大航海時代 Online』は
かなりソロプレイしやすいデザインにしていて
好評を博しているわけなんですけども
信Onは7年間ほぼソロ要素は放置していたと言えます

そういうソロに厳しい状況だからこそ
ソロプレイに楽しみを見いだしていた人もいたんですが
大部分のプレイヤーは徒党を組むようになりました
ソロは想定しないというのはそれはそれで
一貫したゲームデザインだったので
納得できる部分もあったように感じます

それをここに来て急にソロプレイにも重点を置くとなると
プレイスタイル自体にも影響を及ぼしてしまいます
この辺は一貫していってほしかったのですが
ゲームとしての方向転換も視野にいれることになりそうです

ちなみに瓦版が実装された初期は
瓦だけやって落ちるという人が急増したために
プレイヤーのログイン時間が格段に下がりました
今は多少落ち着いているとは思いますが
ソロが増える=徒党が組みにくくなるということなので
なかなか難しい問題になりそうです

---------------------------
---------------------------
インタビューと言いつつ
ちょっと言わされてる感がある記事でしたので
それほど新しい情報はない感じです

まぁ言わされてること自体は問題ないんですが
つっこむところはつっこんで欲しい気がしないでもない
もうちょっと自然な形で盛り込んでくれればいいのに……